アップルホーム × Simply

Case:02帰ってきて、ホッと休まる家

Scroll

密集地のデメリットを解消して明るいリビングに

日当たりの問題は、リビングを2 階に配置することで解消しました。
さらに、広さを確保したロフトは、明かり採りと空間を広く見せる効果もあります。高い位置の窓ならば、お隣さんの視線も気になりません。
空調が効きにくいのでは、、、という不安は、階段扉をつけることで解消しました。

敷地面積 79.46㎡
専有面積 1F:37.54㎡ / 2F:39.20㎡ / ロフト:12.58㎡
予算 1300 ~ 1400 万円
設備 システムキッチン(カップボード)、ユニットバス、洗面化粧台、トイレ(1F・2F)、床暖房
  • 1キッチン

    キッチンは収納たっぷり。サイドには、キッチンドライヤーを置く棚も付けました。女性設計士ならではのアイデアです。
    キッチンからもダイニングのTV が見えるので、奥様はお料理しながら大好きな野球観戦ができます♪
  • 2階段部扉

    室内開口部に扉をつけたことにより、冷暖房効率がアップ。(省エネ)
  • 3ロフト

    キッチンとトイレの真上にロフトを設置。ハシゴではなく階段で上がれるので、家具を運び入れることもできます。しっかりとした広さもあり、3階のような感覚で使えます。
  • 4寝室

    2つある寝室のそれぞれに、大容量のウォークインクローゼットを設置。
    衣装持ちの奥様も、靴をコレクションしているご主人も、大喜びです。
  • 5収納棚付クローゼット

    リビング横にも広いウォークインクローゼットを確保。備え付けの棚も便利です。

ギャラリー クリック(タップ)で拡大表示されます

他の事例を見る